本文へ移動

2019年2月

「学校」テーマに建築の魅力を

 学校完成までをクイズ形式で説明
千葉県魅力ある建設事業推進協議会(CCIちば)の「建設業」に関する出張授業が2月22日、千葉市の大宮台小学校で開催された。今回の授業プログラムは「建築」をテーマにしており、ゲスト講師として、本協会会員の山田工務所代表取締役社長、山田淳史氏が登場。児童らにとって最も身近な建物のひとつである「学校」を題材として、校舎が完成するまでには色々な職種や多くの人が関わり、それぞれがプロフェッショナルな技術とチームワークを発揮して工事を進めていくことなどを、実際に使う道具などを見せながらクイズ形式で説明。正解発表後は、それぞれの業種のプロから仕事のやりがいなど、児童たちへ、「建設業は、ものをつくり、形が残る喜びのある仕事」「人の役に立ち感謝される仕事」などが伝えられた。

千葉県i-construction推進連絡会に出席

本協会、国の県内出先事務所、千葉県、千葉市が一堂に会し、建設現場の生産性向上と魅力ある職場づくりについて話し合う「千葉県i-Construction推進連絡会」が、2月22日に千葉国道事務所内で開かれ、各自の取組内容などについて説明した。この席で大林正章専務理事は、「地方建設業者にi-Constructionを採り入れ難くしている理由は、財政面や人材面で受け皿が無いこと。今後3年間は、国の予算も増えて事業量が期待できるが、施工時期の平準化、監理技術者の条件緩和、気候など実情に合った歩掛の設定なども、i-Constructionの推進と同時に検討してほしい」と提案した。

“建設人”が小学生に出張授業

 建設業の楽しさとやりがいを伝える
千葉県魅力ある建設事業推進協議会(CCIちば)の「建設業」に関する出張授業が2月21日、旭市の三川小学校で開催された。今年度第8回目の授業には、ゲスト講師として地元・阿部建設(銚子支部)の太田博取締役土木部長が登場。江戸時代に印旛沼開拓を最初に試みた千葉県の偉人「染谷源右衛門」や、現代の鋼矢板、かごマットの技術等を紹介するなど、河川改修を主題とした教材を通じ、「建設業は地域の生活や安全を守る大切な仕事」と語り、建設業の役割や重要性、魅力を伝えた。
また、授業では舗装や橋梁、上下水道、空港などの土木工事、公園建設などの造園工事、校舎など建物の建築工事や設備工事など、様々な場面で生活環境を建設業が支えていることが示されたほか、台風や地震、降雪時などにおいても、建設業に携わる人達が人知れず活動している姿が映像を通じて説明された。

功労142人・12社に栄誉

表彰式で地道な活動を賞賛 ~県土発展へ多大なる貢献~

 河南部長、畔蒜会長を囲み記念撮影
本協会は2月5日、平成30年度永年勤続者(役員・従業員)功労表彰式、平成30年度千葉県優良工事・主任技術者功労表彰式、平成30年度建設雇用改善優良事業所表彰式、平成30年度勤退共制度本部理事長表彰伝達式を千葉市中央区のオークラ千葉ホテルで挙行した。式には、河南正幸県土整備部長をはじめとする来賓や本協会の三役、関連業界団体のトップら多数が臨席し、永年にわたり同協会の会員企業の発展に尽力した役員4人と従業員48人を畔蒜会長自ら表彰。また、30年度県優良建設工事・主任技術者90人と建設雇用改善優良事業所10社、建退共本部理事長表彰2事業所に対しても表彰状と記念品が畔蒜会長から手渡された。
《一般社団法人千葉県建設業協会》
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7624
FAX:043-246-9855
 
建退共
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7379
FAX:043-203-5020
< 受付時間 >
〔電話〕
午前10:00~12:00 
午後 1:00~ 4:00
〔窓口〕
午前 9:30~11:30 
午後 1:00~ 3:30
(土日祝祭日・年末年始を除く)
TOPへ戻る