本文へ移動

2021年10月

働き方改革に対する勉強会を開催

2021-10-28
本協会の青年部が中心に
ソーシャルディスタンスを保ち、開催
働き方改革の現状と注意すべき点について学ぶ、本協会の青年部が中心になり、労務委員会と共催で「働き方改革に対する勉強会」が10月27日、千葉市の三井ガーデンホテルで開催された。当日は、対面形式とオンライン形式(Zoomウェビナー)の合計で約70人が受講した。当日は、櫻井好美氏(株式会社アスミル)が講師を務め、建設業における時間外労働の上限規制が24年4月から適用されることから、▽働き方改革▽雇用と請負▽労働時間と上限規制▽割増賃金▽労働時間管理▽労働法の時効▽年次有休暇▽建設現場の就業規制-8項目について解説し、受講者は熱心に耳を傾けていた。櫻井氏は「建設業だから特別でない。罰則適用まで時間があるため、出来ることからはじめよう。」と助言し、講義は閉会した。

今年度初の出張授業

2021-10-20
鋼矢板やかご石の役割を学ぶ
クイズの回答に挙手する児童
千葉県魅力ある建設事業推進協議会(CCIちば)の「建設業」に関する今年度初の出張授業が10月20日、八千代市の村上小学校で開催された。当日は、当協会千葉支部に所属する市原正男氏(市原建設工業)がゲスト講師を務め、5年生の児童約90人に対して、建設業の役割や重要性を講義した。授業では、治水工事を例に鋼矢板やかご石の仕組みと役割を講義したほか、実際の鋼矢板を用いて重量を体感。また、クイズ形式で鋼矢板やかご石の役割を児童に考え発表してもらい、市原氏は「鋼矢板は、川の水を止め、安全に作業が出来るようにする。かご石は環境面に配慮したもので動植物の住処になる」と解説し、児童は目を輝かせていた。さらに市原氏は、自身が工事を手掛けた際、川の護岸に植えられている桜の木を移植したことも紹介。今年度の出張授業は、県内の小中学校を対象に12月17日まで合計10回の開催を計画している。

佐藤信秋参議院議員が来会

2021-10-25
強靭化対策など三役と意見交換
建設業界の職域代表である参議院議員の佐藤信秋先生が10月19日に協会本部を訪れ、髙橋会長を始めとする三役と意見交換をした。その席で協会からは、「公共事業予算の安定的・継続的な確保」や「地域建設業の受注機会確保・拡大」など、地域建設業の抱える諸課題の解決に向けて要望した。また、喫緊の課題の一つとしている「監理技術者の配置義務」については、現行の縛りである3500万円を5000万円まで引き上げてほしいということや、予定価格の算出において一般管理費を55%から95%に引き上げてもらいたいことなどを訴えた。

荒天の中、地域のために活動

2021-10-25
堤防上通路の開通に合わせ
本協会の京葉支部は10月17日、県葛南土木事務所、浦安市らと共催で、高潮堤防の工事が完了した旧江戸川の浦安市富士見地区において、ボランティアによる清掃活動を実施した。当日は冷たい雨と強風の中、支部会員約40人が参加。旧江戸川の土手や護岸に散乱したペットボトルやビニール袋、流木等を回収。可燃物と不燃物に分別し、約2時間の作業により、2tトラック約3台分のゴミが撤去され、同支部のトラックでクリーンセンターへ運搬された。

畔蒜前会長の功績に感謝状

2021-10-25
髙橋会長らが伝達
関東甲信越地方建設業協会長会の浅野正一会長は、本協会の畔蒜毅前会長に対し、約5年間にわたる県協会長としての功績等を称え、感謝状と記念品を贈呈した。これを受け10月14日には髙橋会長と内山副会長が横芝光町の畔蒜工務店を訪れ、髙橋会長から畔蒜前会長に感謝状を伝達した。畔蒜前会長は感謝の意を示し、「引き続き本県建設業界の発展に尽力したい」と話した。畔蒜前会長は、県協会長を平成28年5月から約5年間にわたり務め、その間、全国建設業協会や関東甲信越地方建設業協会長会の事業活動にも取り組み、業界発展に貢献したことから、8月には(一社)全国建設業協会の奥村太加典会長からも感謝状等を贈られている
《一般社団法人千葉県建設業協会》
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7624
FAX:043-246-9855
 
建退共
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7379
FAX:043-203-5020
< 受付時間 >
午前9:30~11:30 
午後1:00~3:30
(土日祝祭日・年末年始を除く)
TOPへ戻る