本文へ移動

2019年4月

市民の憩いの場でゴミ拾い

京葉支部が毎年恒例の環境美化活動

本協会京葉支部は4月21日、浦安市、浦安商工会議所青年部らと共催で、毎年恒例の「舞浜高潮堤防護岸清掃ボランティア」を実施した。当日は支部会員45社・約80人を含む約100人が参加。初夏を思わせる晴天の中、約2時間の作業により、2tトラック約4台分のゴミが撤去された。参加者は、旧江戸川の土手や護岸に散乱したペットボトルやビニール袋、流木等を回収。可燃物と不燃物に分別し、同支部が用意したトラックでクリーンセンターへ運搬された。参加した支部会員の一人は、「毎年参加しているが、年々ごみが少なくなってきている。これからも活動を継続し、地域の環境維持へ協力していきたい」と感想を述べた。
トップページに写真掲載中)

三役が関係機関に新年度のあいさつ

本協会の三役は4月11日、新たな年度を迎えたことから県の関係機関や国の出先機関等を訪問し、2019年度以降の対応について意見を交わした。県土整備部を訪れた際には、河南正幸部長ら幹部と懇談し、施工時期の平準化や優良工事表彰制度の拡充・見直し、地域の実情に沿った入札制度への改善などを求めた。また、三役は千葉県市長会と千葉県町村長会も訪れ、低入札調査基準価格・最低制限価格の活用の徹底、改正品確法及び運用指針の適切な運用をはじめ、予定価格の適切な設定、適切な設計変更など、5項目を盛り込んだ要望書を提出した。

地域を守る令和の「建者」に!

新入社員研修会に80人余が参加

本協会と東日本建設業保証千葉支店の共催、県建設産業団体連合会の協賛による、2019年度の新入社員研修会が、千葉市中央区のオークラ千葉ホテルで4月3日から5日までの日程で開催された。研修会には、本協会の会員33社に加え、建産連の構成団体から8社の計41社・83人(うち女性12人)が参加。「社会人としての心構え」「建設業に関する基礎知識」など、3日間びっしりと組まれたカリキュラムに臨んだ。また、最終日には、本協会青年部会の副部会長4人を招き、「建設業界に迎えて」と題した座談会も開催。新入社員からの「建設業を続けていてためになったこと」「現場での人間関係」「今の若者に求めるもの」などの質問に、業界の先輩として自身の体験も交えながら回答した。
《一般社団法人千葉県建設業協会》
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7624
FAX:043-246-9855
 
建退共
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7379
FAX:043-203-5020
< 受付時間 >
〔電話〕
午前10:00~12:00 
午後 1:00~ 4:00
〔窓口〕
午前 9:30~11:30 
午後 1:00~ 3:30
(土日祝祭日・年末年始を除く)
TOPへ戻る