本文へ移動

2018年12月

地元高校生300人と公園の落ち葉拾い

開 催 日
平成30年12月15日(土)
場     所
茂原公園(茂原市)
活     動
公園内の落ち葉拾い、空き缶やゴミ等の回収
参 加 者
本協会長生支部に所属する茂原市建設業組合の会員約50人、地元高校生等約300人
主     催
茂原市建設業組合、本協会長生支部(後援)
内     容
茂原市建設業組合が主催、本協会長生支部が後援し、地元の県立高校3校(茂原、長生、茂原樟陽)の生徒、職員、保護者約300人と一緒に、公園内の環境美化活動を実施。午前中いっぱい活動した結果、約8tにも及ぶ大量の落ち葉などを撤去した。また、同組合では市と災害協定を結んでいることから、ここ数年急増している大規模災害に備えるため、緊急時訓練のシミュレーションも兼ねて活動した。

千葉経済大学で学生を対象とした特別講義

「地域建設業は社会にとって必要不可欠」

本協会は12月11日、千葉市稲毛区の千葉経済大学で、学生を対象とした特別講座を開いた。講義に当たり本協会からは、髙橋順一副会長と大林正章専務理事が講師を担当し、本県の建設業の現況や課題、今後の展望について説明し、地域建設業が社会にとって必要不可欠な産業であることを訴えた。

生産性向上へ県が初の見学会

土工・舗装ICT活用工事の現場で

県土整備部技術管理課は12月6日、山武市本須賀の海岸で、ICTを活用した工事の現場見学会を開催した。当日は、県の技術系職員だけでなく、本協会の会員19社・31人の現場技術者も参加。あいにくの冷たい雨が降る中、新技術の活用例などを学んだ。また、同課は1月11日、勝浦市内でICTを活用した舗装工事の現場見学会を開催した。官民合わせて計42人の技術者が参加。最新の技術で稼働する建機や測量器械の活用例などを学んだほか、試乗なども体験した。当日は県から技術職員18人のほか、周辺の市町村からも15人、本協会の会員ら9人が参加した。
《一般社団法人千葉県建設業協会》
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7624
FAX:043-246-9855
 
建退共
〒260-0024
千葉県千葉市中央区中央港1-13-1
TEL:043-246-7379
FAX:043-203-5020
< 受付時間 >
〔電話〕
午前10:00~12:00 
午後 1:00~ 4:00
〔窓口〕
午前 9:30~11:30 
午後 1:00~ 3:30
(土日祝祭日・年末年始を除く)
TOPへ戻る